MESSAGE

瀬戸内地域を[アート]で元気にしていきます

特定非営利活動法人瀬戸内アートプラットフォーム

理事長 大西健丞

太平洋の懸け橋として活躍した新渡戸稲造博士が「瀬戸内海は世界の宝石である」と称賛されたように、瀬戸内地域には世界でも類を見ない自然の造形美が残され、 多くの芸術家や文筆家などに豊かなインスピレーションを与えてきました。
瀬戸内アートプラットフォームは、このような「場」としての瀬戸内の特性を最大限に引き出し、 人と地域とアートを密接に結びつけることにより、瀬戸内が芸術振興の新たな拠点としてより多くの方々に親しまれることをめざして活動します。 当代随一の現代芸術家の作品を集めた美術館を運営するとともに、国内外の気鋭のアーティストがこの地域に住みついて創作に打ち込むための環境を提供し、 若手芸術家を育成します。歴史のなかで育まれたさまざまな地域資源にも光を当て、 創造のエネルギーを内在する新しいアートの現場(サイト)を生み出していきたいと考えています。
私たちの取り組みが、アートをより身近なものにし、瀬戸内の観光の振興や活力の創出にもつながることを願っています。 ぜひ皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。